意外と知らないお風呂浄水器の必要性

キッチンに浄水器は一般的になってきましたが、お風呂用の浄水器がある事はあまり知られておらず、必要性を感じている人はあまり多くありません。

ですが、実はお風呂の水は直接肌に触れるものであり、肌の弱い人や敏感肌の人ほど浄水することをお勧めします。キッチンで使用するものは、埋め込み型、蛇口直結型、ポット型などが一般的となります。お風呂用浄水器はシャワーと水栓をつなぐように設置するタイプのものや浴槽用の蛇口につなぐ蛇口直結型、手軽なものとしては、カートリッジや浄水機能のある素材が組み込まれたシャワーヘッドに交換する方法があります。

ただし、使用人数や使用回数によりランニングコストに差がある為、水道使用量が高いほど設置型の方がお得になります。シャワーヘッド型はカートリッジの交換期間があまり長くないため、使用量が多い場合には交換コストがかさむ為あまりおすすとは言えません。ただし、一般的な一人暮らし使用量であれば、設置型よりはシャワーヘッド型の方が手軽でありコストパフォーマンスも良いと言えます。

お風呂で浄水器を使用する事で水道水の塩素やカルキ、カートリッジのランクを上げるとその他の有害物質まで除去してくれるものもあります。塩素を除去するだけでも髪の毛や肌に含まれるたんぱく質の痛みを防ぐことが出来るため、コンディショナーやトリートメントをしてもあまり思うような効果が出ていなかった人や、肌荒れ、敏感肌の人には浄水器を取り入れる事をおすすめします。
風呂の浄水器のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *