浄水器を風呂に設置する方法

家庭では浄水器をキッチンに設置して飲用や調理用に使用しているケースが多いのですが、これを風呂場にも設置を行う事で美容や健康の維持に役立ちます。

多くの方は毎日入浴しており、浴槽にお湯をためて体を温めたり、或いはシャワーを浴びて髪や体の汚れを落としますが、この際に肌などが水道水に直接触れるからです。水道水には消毒の為に一定量の残留塩素が含まれていますので、髪の毛や肌に繰り返し使用し続けますとダメージを与える可能性が有ります。

特に敏感肌の方などは浄水したやさしいお湯を使用する事がお勧めです。風呂に浄水器を設置して残留塩素を取り除く事で、塩素によるニオイやダメージを気にすることなく髪や体を洗う事が可能となります。お風呂用浄水器は大きく分けてシャワーヘッドタイプと据え置き型が有りまして、シャワーヘッドタイプは現在使用しているシャワーヘッドを取り替えする事で簡単に設置する事が可能です。また原水と浄水のワンタッチ切替でお掃除する際に原水に簡単に切替を行えます。

一方の据え置き型においては、シャワーヘッドタイプに比べて高い浄水能力を有していますので、シャワーでの使用を始めとしてバスタブに給湯する事が出来ます。大容量の浄水カートリッジを採用していますので、毎日使用しても長い期間にわたり使用する事が可能です。また据え置き型の浄水器は縦置きや横置きの何れにも対応出来ますので、浴室にあわせた置き方を選べます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *