お風呂へも浄水器取付けをおすすめします!

浄水器は水道水のキッチンの蛇口に取り付け、主に炊事や飲用で使う水の中の異物の除去に使用します。

これは水道水に含有されている残留塩素や水道管内のサビなどの異物除去が目的です。しかし実は残留塩素の影響は、飲用などより、お風呂のお湯の方が危険と言われています。これは水道水が熱せられてお湯になった場合、発ガン性物質であるトリハロメタンが増加するからこう言われており、お風呂の水こそ浄水機が必要だと言われる所以です。実際にお風呂に取り付けた人の口コミでは、ピリピリ感がない、肌が乾燥しにくく、潤いがあるなどがあります。

また手荒れがひどかったものが取付け後は改善した、シャンプー後の髪質が改善したなどの口コミもあり、取付けると何らかの効果を体感することが多いようです。お風呂用の浄水器は内部にろ過材がセットされ、材質としては主に活性炭、塩素低減剤になります。お風呂用で多いのは塩素低減剤で、水道水中の残留塩素と化学反応を起こすことで塩素の低減を果たします。具体的には水素イオンと塩化物イオンなど、人体に悪影響がない物質に変換され、効果を発揮します。

このろ過材は交換が容易な構造になっているカートリッジと呼ばれるもので、定期的に交換することでろ過性能を維持するようになっています。さまざまメーカーから浄水器やカートリッジが販売されていますが、除去能力の目安は、原水残留塩素濃度に対して除去能力がどれほどかを見ることがポイントになります。

この浄水器は現在販売店や代理店が多数あり、販売と同時にレンタルも取扱っていることが多いです。まずはレンタルしてみて効果の程を家族間で確かめ、継続レンタル、より効果の高いものの機器を購入など行なうなどすると、効果をより体感できると考えられます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *