風呂で浄水器を利用場合

家庭用の浄水器はキッチンに導入されるケースが多く、飲料水や炊飯、料理に使用されるイメージが強く定着しています。

水道水はこれ以外にシャワーを浴びたり入浴する際にも使用されていまして、敏感肌の方や髪の毛の悩みを抱えている方は、水道水の使用によりダメージを受ける可能性も有りますので特に注意が必要です。水道水には消毒用に残留塩素が含まれていまして、これが肌や髪に影響を及ぼしているケースも有ります。

そこで風呂用の浄水器を設置して残留塩素を取り除きますと、塩素特有のニオイを取り除いたり、肌や髪の毛にやさしいお湯にする事が出来ます。この様に顔やボディの洗浄に使用する水道水に対しても気を配る事が大切です。風呂場用の浄水器はシャワーヘッドタイプと据え置きタイプに分けられます。シャワーヘッドタイプは設置されているシャワーヘッドを取外して交換するのみで簡単に設置可能です。

また原水と浄水のワンタッチ切り替えが可能ですので、お風呂掃除の際などには原水に切り替えられます。一方の据え置きタイプは大容量の浄水能力を有しているのが特徴です。シャワーでの使用を始めとして、バスタブにもたっぷりとお湯をためて使用する事が可能となります。

そして浄水カートリッジも大容量対応ですので、長い期間にわたり使用する事が出来ます。据え置きタイプは横置きや縦置きなど自由自在に設置できますので、浴室にあわせた置き方を選んでゆく事も可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *