お風呂にも浄水器の綺麗な水を

浄水器を付けて綺麗で美味しいお水を飲んでいる人は多いことでしょう。

水道水の中には様々な健康を害する恐れがあるものが含まれています。カルキと呼ばれる残留塩素や赤さびなどはその代表的なものです。塩素は消毒をするために必要なもので、もし消毒を行わなければ雑菌が発生して、直接水道水を飲むことはできなくなってしまうことでしょう。しかし、塩素は身体に良いものではありません。

残留塩素の濃度が高かったり赤さびがあると、お肌にも良くありません。髪の毛の色素が抜けて赤くなってしまったり、お肌が荒れてしまったりする可能性があります。プールに入るとお肌がかゆくなったり、かぶれたりする人は水道水も要注意なのです。もし、お肌の荒れが気になるようであれば、お風呂やシャワーの水も浄水器を通しても使うことをおすすめします。

浄水器は飲み水だけでなく、お風呂やシャワーにお水にも使うことができるのです。専門業者に頼めば、お風呂につながっている給水管に浄水器をつないでくれます。これによってお風呂にも綺麗なお水を引くことができるようにあり、その結果、長い時間でも安心して湯舟につかっていることができるようになります。ただ問題もあります。

それはシャワーの水の出方がやや弱くなってしまう可能性はあることです。その場合には、水道の口径を大きなものに変更するのも手です。水道料金が高くなりますが、水量が増えることでお風呂が沸くのも早くなり快適です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *