浄水器を風呂に導入する

浄水と言うキーワードを聞きますと、キッチンで飲料水や調理を行う際に水道水を浄水器に通して使用するイメージを持たれる方が多く見えます。

水道水はこれ以外にもお風呂場でお湯にして毎日使用しており、例えばシャワーを浴びたり、或いはバスタブにお湯をためています。水道水には消毒用に残留塩素が含まれていまして、そのまま入浴時に使用しますと特に敏感肌の方や、髪の毛が傷んでいる方はダメージを与える可能性が有りますので、浄水器を通して使用する事がお勧めです。

お風呂用の浄水器にはシャワーヘッドタイプと据え置きタイプが有りまして、それぞれ特徴を持っていますので内容を理解して検討を進める事が大切となります。シャワーヘッドタイプはシャワー利用時に浄水器を通したお湯を作り出す事が出来る物で、使用しているシャワーヘッドと交換するだけで取付け可能です。これは残留塩素除去能力の高いカートリッジが採用されており、一定期間にわたり使用出来ます。

また原水と浄水をワンタッチ切替できますので、お風呂場の掃除をする時には簡単に原水の利用が可能です。据え置きタイプは大容量のお湯を浄水できますので、シャワーのみならずバスタブへの給湯も出来ます。浄水カートリッジは長寿命設計されていますので、毎日バスタブに給湯しても長期間にわたり使用可能です。浄水器は縦置きや横置きなど自由自在にレイアウトできますので、お風呂場の大きさや形状にあわせて設置できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *