ポット型浄水器は一人暮らしに便利

日本の水道水は安全性が高いためそのまま飲むことが可能ですが、残留塩素や水道管の老朽化といった問題もあるため、蛇口から出てきた水が安心して飲めるおいしい水とは限りません。

一人暮らしでも水を使わない生活はできませんから、快適に水を使うためには浄水器の設置も検討する必要があります。もし一人暮らしで飲む水だけ確保できればいいと考えているなら、ポット型の浄水器が便利です。ポット型浄水器は、ポットの中のカートリッジのフィルターで水道水を浄水し、きれいな水を作れるものです。

浄水器は蛇口に取り付ける直結型やシンクの周りに設置する据え置き型など種類が色々あり、さらに価格や性能もピンからキリまであるため、いざ選ぼうと思うと迷ってしまうほどですが、ポット型なら少ないコストで手軽に始めることができます。ペットボトルの水を買うよりもコストが安いことも多く、何より買って運ぶことやゴミを処理する手間が不要です。ポット型浄水器は冷蔵庫に入れておけるので、用意しておけば冷たくて美味しい水がすぐ飲めるというのがメリットです。

コンパクトなものも販売されているので、一人暮らしの冷蔵庫でもサイズが合うものを選べばすっきり収納でき便利に使えますし、見た目もオシャレなものが出ています。難点は浄水するためのフィルターの寿命が短く定期的な交換が欠かせないことで、もし寿命が切れたフィルターを使っていると浄水できず不衛生な水になってしまうので注意が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *