浄水器を一人暮らしで使うためのポイント

なるべく節約をしたいという人も多い一人暮らしですが、生活で欠かせない水道水を美味しく安全にしたいなら浄水器は必要です。

特に都会では水道水の匂いや味が悪いことも多く、そのまま飲むというのは現実的ではありません。ペットボトルのミネラルウォーターを購入することもできますが、コストが高いですし持ち帰る手間もあるため、浄水器を使ったほうが経済的なことが多くなります。

一人暮らしに向いている浄水器としては、ポット型と蛇口直結型があります。手軽さを重視するなら水道水を入れて濾過するポット型が便利で、冷蔵庫にも入れておくことができるのできれいで美味しい飲み水を確保しておけます。ただ、ポット型は濾過には時間がかかるので、水を切らしてしまうと使いたい時に使えないという問題があります。

蛇口直結型はポット型に比べると費用がかかりますが、蛇口に取り付けることで出てくる水をすぐきれいにできるので、一人暮らしでも便利に使うことができます。浄水器を使うときに注意したいのが、どのタイプでもカートリッジの定期的な交換が必要だという事です。交換を怠ると、浄水の機能が低下してしまいます。交換用のカートリッジを購入するのにも費用がかかるため、本体だけでなくランニングコストも考えて選ぶのが大切です。浄水器にはレンタルできるものもあり、その場合は交換用カートリッジの代金も含まれて定期的に送られてくるので、一人暮らしでも安心して使えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *