一人暮らしで便利な浄水器のタイプ

一人暮らしを始めてみて、水道水がまずくて浄水器を考える事があると思います。

いざ買うとなると意外と種類の多い浄水器ですが、一人暮らしの方が使いやすい3つの種類を挙げてみます。浄水を多く使用したいなら蛇口直結タイプです。蛇口の先端に取付けますが、自分で出来るので工事をしてもらう必要がありません。適応している蛇口には様々ありますが、現在発売されている大抵の蛇口に取付ける事が可能です。

取付ける際に蛇口の先端を外す必要がありますが、堅く締まっている場合がありますので、ペンチなどを用意しておくと便利です。このタイプは蛇口に取付けるので、浄水を沢山使えますが、カートリッジの交換時期が2~4カ月と短めになっています。最も簡単に扱えるのはポット型浄水器です。ポットにカートリッジを取り付けて水道水を入れておけば濾過されて浄水の出来上がりです。デザインが豊富なのも特徴の一つで、インテリア感覚で好きなデザインを選んでみるのもお勧めです。

ただ、扱いが簡単な半面、浄水機能はあまり高くはなく、ポットの中の浄水は早めに使う必要があります。一人暮らしならではですが、夏には一日でポットの水を使いきる様にと目安にすると熱中症予防の工夫にもなります。上の2つより本格的な浄水機能を求めるなら据え置きタイプがお勧めです。このタイプは浄水器をシンクの上に設置して、ろ過した水を使います。水をろ過するだけではなく、アルカリイオン水にしたり、料理に適した軟水を作る事も出来る等、性能の高さも特徴です。カートリッジの交換時期が半年から1年と比較的長く、コストパフォーマンスが良い製品も多くありますが、設置する時の費用が3万円前後かかります。また、取付け可能な蛇口の形が限られていますので、事前に確認が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *